音声六対

私がまだ学生だった頃、声明の先生より教えていただいたものが、

音声六対(おんじょうろくつい)

と呼ばれる、声明における六つの心得が大谷派では古来より伝えられています。

音聲遣ヒニ六對アル事

  1. 柔キ冝、弱キハ悪(柔らかきはよし、弱きは悪し)
  2. 強キハ冝、剛キハ悪(強きはよし、かたきは悪し)
  3. 静ナルハ冝、濕キハ悪(静かなるはよし、したたるは悪し)
  4. 緩ナルハ冝、黏キハ悪(緩やかはよし、粘りは悪し)
  5. 進ムハ冝、窄キハ悪(進むはよし、忙しきは悪し)
  6. 軽キハ冝、踈ナルハ悪(軽きはよし、疎かは悪し)

<意訳>
声質や発声について、六つの注意点があります。

柔らかい声はよいが、、弱い声になってはよくない。
また、強い声はよいが、剛(こわ)ばった、かたいゴツゴツした声になってはよくない。

静かなる声はよいが、したたる、垂れ落ちるような声になってはよくない。
また、緩(ゆるやか)なる声よいが、粘(ネバ)っこい声になってはよくない。

進むのはよいが、忙(せわ)しく聞こえてはよくない。
また、軽くなるのはよいが、荒っぽくだらしがなく聞こえてはよくない。

音声六対において一番良い声とされているのは「柔らかくて、強い声」とされています。一見、相反する声に思えますが、「柔らかい」に対比されているのは「弱い」声であり、「強い」に対比されているのは「剛い」声です。
微妙に入り組んだ関係になっていますが、これは節譜の扱いのはなしではなく、声質・発声の問題を言っているものです。

釋法証

釋法証 の紹介

真宗大谷派法栄山三宝寺第二世 候補衆徒 釋法証(しゃくほうしょう)こと、 目崎証(めざきいさむ)です。現在は副住職として活動中。 坊守と長女、長男、次男の5人家族です。
カテゴリー: 無量寿日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です