預骨について

お遺骨の一時預かり

ご家族が亡くなられ、これからお墓を建てられる方や、あるいはお墓の建て替え・移転などで、一時的にお骨の安置場所が必要となられた方、経済的な理由や時間的に尚早とお考えの方などのために、当山ではお骨の一時預かりを行っております。
お遺骨一時預かり 募集要項
お遺骨・・・1名 預骨冥加金・・・年1万円
お遺骨・・・先祖代々及び2名以上 預骨冥加金・・・年2万円

※問い合わせが多いため、あえて金額を明記します。預骨冥加金はご相談に応じます。

お遺骨一時預かりに関して
  1. 預骨冥加金以外の費用(護持金等)、お遺骨をお預かりいたしました後の費用はいっさいかかりません。
  2. 当寺院に関わる寄付金を求めることはありません。
  3. お預かりしたご遺骨は、本堂内に安置し、お預かり期間に限り、当山が責任をもってご供養いたします。春彼岸・お盆・秋彼岸に三宝寺の法儀により、合同法要をお勤めいたします。
  4. 預骨期間は1年単位で更新し、最長5年間お預かりします。(6年目以降の預骨については、住職と相談していただいた上で、保管の延長を認めます。)再更新が無い場合は無縁佛として合祀致します。
  5. 利用者は、「御遺骨一時預骨規定」にご同意いただきました方に限ります。
  6. 預骨申込み当日にお持ちいただく物
    1. 御遺骨
    2. 預骨申込書(申込書はこちら
    3. 埋葬・火葬許可証」、改葬の場合は「改葬許可証
      ※改葬許可証発行の際に必要となる、受入証明書はこちらの申請書に記入の上、当山まで送付して下さい。
    4. 申込者の住民票1通
    5. 預骨冥加金
    6. 認印

※京都の本山や大谷祖廟での納骨についてのご相談も承ります。

真宗大谷派本山の京郡の東本願寺では、須額弥壇収骨(しゅみだんしゅうこつ)といいまして、分骨が納められます(寺院から本山への手続きが必要)。また、親鸞聖人のお墓所であります大谷祖廟(おおたにそびょう)(東本願寺から車で10分程度)では、分骨も全骨も納められます。

コメントは停止中です。