2012年度「真宗に学ぶつどい」のご案内

埼玉組では、2011年度に続き、2012年度も7月より「真宗に学ぶつどい」を全4回、開催して参りたいと存じます。
この度の「つどい」においては、親鸞聖人の弟子唯円が「耳の底にとどまるところ」を記した、聖人の語録『歎異抄』をテキストに親鸞聖人の教えを聞思して参りたいと存じます。

講師:佐々木 正先生(長野県塩尻市 萬福寺住職)

共通テーマ:「親鸞聖人に出遇う」

日時&会処

  • 第一回 2012年  7月 5日(木) 騎西    浄楽寺
    「往生極楽の道とはどのような歩みなのか」第二章に学ぶ
  • 第二回 2012年  9月 6日(木) 東松山 了善寺
    「地獄へ落ちても後悔しない人生とは何か」第二章に学ぶ
  • 第三回 2012年12月 6日(木) 川越   法善寺
    「なぜ、悪人こそが救われるのか」第三章に学ぶ
  • 第四回 2013年  2月 7日(木) 所沢   願誓寺
    「父母を供養するとはどういうことか」第五章に学ぶ

※各回とも、午後一時~午後四時開催
お申し込みは、三宝寺或いはお近くの埼玉組寺院までお願いいたします。

釋法証

釋法証 の紹介

真宗大谷派法栄山三宝寺第二世 候補衆徒 釋法証(しゃくほうしょう)こと、 目崎証(めざきいさむ)です。現在は副住職として活動中。 坊守と長女、長男、次男の5人家族です。
カテゴリー: お寺の法要&行事, お知らせ タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。